母乳にいい飲み物を厳選!授乳中ママ必見!出やすくなる?よく出る?

母乳にいいものを考えると辛いけど愛する子の為と思って

夫32歳、妻(私)27歳、2歳長男、0歳(8か月)次男の4人家族です。
育児環境は、田舎の山奥に住んでいて自然豊かなところでのびのび育てています。
1軒家の持ち家で、隣も身内というなかなか子育てをするにはありがたい環境にいます。

 

母性を感じた瞬間に芽生えた母乳へのこだわり

 

実は、私は子供が生まれるまであまり母乳育児にはこだわってはいませんでした。

 

胸も小さかったので(笑)多分母乳やよく出るとは思っていなく出ないんだろうなあと思っていたし、世の中ミルクという便利なものもあるのでもし母乳育児が無理ならミルクに切り替えればいいか、くらいに考えていたのです。

 

しかし長男を出産して初めて長男を抱いた時、何とも言えない感情が湧いてきて、「この子を絶対守りたい、一生愛するんだ」と強く感じました。

 

そして、カンガルーケアで初めて母乳を与えた時に必死で吸い付く長男の姿を見て、これはもう自分には母乳育児以外ないなと思ったのでした。

 

思いのほか母乳もたくさん出たので結局用意してあったミルクの出番は一度も訪れませんでした。

 

何としても母乳で育てたくなった私は、母乳を出やすくする為に、よく出るようにするために、母乳にいいものと聞いたものはなんでも試してみたのです。
私が母乳育児をするにあたって一番大きかったメリットは、子供と母親が一番密に触れ合う時間を母乳をやることで、「私が育てているんだ」って再確認させてくれることだと思いました。

 

おいしそうにゴクゴクと飲んでいる我が子を見て、ますます愛おしく感じてきました。

 

それに、母乳には免疫力を高める赤ちゃんに良い栄養が沢山入っていると聞いて、ますます母乳育児にこだわるようになりました。

 

長男は早産で生まれ、生まれてすぐに保育器に入りました。

 

たくさんの管に繋がれて生きている長男を見て、「早く大きくなってね」と毎日声をかけました。

 

少しでも体の強い子供に育てたい、そんな思いもあったからこそ母乳育児に強いこだわりが生まれました。

 

母乳には和食があっています

母乳にいいものを考えると辛いけど愛する子の為と思って

私は乳腺が詰まりやすい体質なのか、乳腺炎をよく起こしました。

 

なので乳腺が詰まらないように気を配りながら、なるべくカロリーの高すぎるものや、脂っこいものやジャンクフードなどはあまり食べないように普段の食生活を気を付けていました。

 

乳腺炎を起こすと高熱がでてかなりしんどい思いをしたので、食事から注意をしました。

 

お母さんが口にした食事が母乳を通して、赤ちゃんにいくので、日本人が古来より食していた和食がはあっていると病院で教えてもらったので、なるべく和食中心の生活を心がけて何を食べるにも、母乳の事を第一に考えて食事作りをしていました。

 

現在次男も母乳育児で頑張っていますが、次男の場合自分へのご褒美と称してついついお菓子なんかを食べ過ぎてしまった時は、翌日になると顏に湿疹が出たりした時もあったので、長男の時以上に気を付けています。

 

食事に気を使ってばかりは辛い

 

やはり、たまにはガッツリとこってりしたものを食べたくなります。

 

しかし、お乳の張りやすい私はあまり脂っこいものも食べられず、時として自分の食事に味気無さも感じています。

 

今も次男を母乳育児していますが、早くがっつりとお肉が食べたいです。

 

次男を出産して甘いものも控えているのでたまに無償に食べたくなるのが辛いところです。

 

 

おすすめリンク

モグニャンキャットフード:モグニャンキャットフードも母乳の暖かさを感じフード。猫の子も人の子も愛情は同じ

母乳が出ないママは「すくすく母乳の泉」の確認を


母乳が出ないママは「すくすく母乳の泉」の確認


このすくすく母乳の泉は母乳が出ないママの為に作られたサプリメントになります。

これは、母乳に必要な14のビタミンとミネラルが含まれ、厚生労働省の推薦の量をカバーしている母乳育児サポートサプリメントで、同じような悩みを持つ多くのママに支持されヒトモク置かれています。

母乳が出ないママは「すくすく母乳の泉」の確認安心

そして販売会社は有名な「総研美舎」になり、値段も安いのですが、更に、万が一合わなかった時には30日間の保証がついていますので、安心して利用できます。

どうしても母乳で育てたいけど、母乳が出なくて悩んでいるママは諦めず、一度ご覧になる事をおすすめします。

↓公式サイト 母と子の大切な時間を↓

すくすく母乳の泉ボタン


【最安値検証】
ちなみに、購入できるほ公式販売店だけとなっています。
これは、当たり前の事かとは思っていましたが、この手の優良サプリメントは、品質維持と余計な在庫を持たず価格に反映させる為にも、販売を一か所に集中、公式ショップで行う事が合理的にで一般的だからです。

  • 楽天     取り扱いなし
  • Amazon   取り扱いなし
  • アットコスメ 取り扱いなし
  • 店頭     取り扱いなし